制汗剤 効果 ランキング

制汗剤の効果あるランキング※脇汗で失敗したくない人必見!

このサイトは効果の期待できる制汗剤をランキングで紹介しています。

 

効果の期待できる制汗剤をお探しの方、脇汗で失敗したくない方は是非参考にしてください。


制汗剤に期待できる効果

日本は湿度が高く、季節を問わず汗対策に頭を悩ませている人が多いと思います。

 

市場に出回っている制汗剤も様々な種類があって、選ぶのに迷ってしまいます。

 

制汗剤に期待できる効果には2つの種類があります。

 

1つは汗の量を減らす制汗効果です。

 

人間は起きている時はもちろん、寝ている時も汗をかきます。

 

制汗剤は皮膚のタンパク質に作用して、毛穴や血管を収縮させることで、汗が出すぎるのを抑える効果があります。

 

制汗剤に期待できる2つ目の効果は、汗のニオイが発生するのを抑えるデオドラント効果です。

 

汗が分泌される汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。

 

エクリン腺が分泌する汗はほとんどが水分ですが、アポクリン腺が分泌する汗にはタンパク質、脂質、アンモニアなどが含まれています。

 

アポクリン腺から分泌される汗は、雑菌や皮脂の作用によって汗のニオイが発生します。

 

制汗剤には、雑菌の活動を抑えることによって汗のニオイを抑える効果が期待できます。


人気の制汗剤ランキング

人気の制汗剤1位 薬用ネオテクトの特徴

・殺菌成分シメン5オールと制汗成分フェノールスルホン酸亜鉛を配合した医薬部外品

・成分を分子レベルでナノ化した伸びのよいマイクロクリーム

・ニオイを抑える植物抽出エキスを配合

・保湿効果のあるヨクイニンエキスを配合

・高い密着力とウォータープルーフタイプで効果が長時間持続

・殺菌効力試験データ結果は99.999パーセント

・敏感肌にも優しい低刺激処方

価格 通報価格7980円
評価 評価5
備考 定期初回価格90パーセントオフ 980円(税込)、2回目以降35パーセントオフ 5180円(税込)、支払手数料毎回無料、全国どこでも送料無料
人気の制汗剤1位 薬用ネオテクトの総評

制汗成分と殺菌成分を同時に配合した医薬部外品です。

薬用ネオテクトに配合されているフェノールスルホン酸亜鉛には収れん作用があり、汗が過剰に分泌するのを抑えます。

シメン5オールは殺菌力のある成分で、ハンドソープや歯磨き粉にも使われています。

この2つの有効成分が汗をしっかり押さえて肌を清潔な状態に保ちます。

また柿タンニンなど抗菌効果のある植物由来成分も配合されています。

 

人気の制汗剤2位 ビジネスマン専用デオドラントクリーム サラメンの特徴

・最大量最安値の男性制汗クリーム

・植物から抽出したLIBアロマ配合

・汗とニオイに同時に働きかける薬効スクラム制汗

・菌の増殖を抑えるシメン5オール配合

・汗を抑えるフェノールスルホン酸亜鉛配合

・出かける前に塗るだけで1日効果が持続

・肌に優しい無添加処方

・5つの天然由来成分を配合

価格 通常価格7000円
評価 評価4
備考 初回限定980円(税抜)、2回目以降35パーセントオフ4550円(税抜)、全国送料無料、代引き手数料無料、60日間返金保証、お届け周期自由変更可能
人気の制汗剤2位 ビジネスマン専用デオドラントクリーム サラメンの総評

ワキガ臭や脇汗に悩む人のための男性用制汗剤です。

ワキ汗の過剰な分泌の大きな原因に、仕事上のストレスがあげられます。

サラメンにはリラックス効果のあるレモン、抗菌力のあるティートリー、緊張を和らげるクラリセージといった植物から抽出されたエキスが配合されおり、ストレスを和らげてワキ汗の分泌を抑えます。

また制汗作用と殺菌作用のある成分も含まれています。

 

人気の制汗剤3位 デトランスアルファの特徴

・医療先進国デンマークで開発

・販売実績75万7000個突破、

・リピート率90パーセント以上

・日本では入手できない人気商品を限定入荷

・夜寝る前に使用

・TV番組東京女神コレクションでも紹介

価格 メーカー価格4800円
評価 評価3
備考 初回申し込み毎日先着100名まで40パーセントオフ2900円(税込)
人気の制汗剤3位 デトランスアルファの総評

デトランスアルファはデンマークで開発され世界中で売れている制汗剤です。

有効成分であるアルミニウムクロリッドが、汗と反応して水酸化塩化ナトリウムの結晶となり、汗腺をふさいで過剰な汗の分泌を抑えます。

汗が出にくくなることで雑菌も繁殖しにくくなり、ニオイの発生を抑えます。

とくにワキ汗の制汗効果が高く、ワキガに悩む人に人気があります。

汗や体臭ケアの重要性

ワキガや加齢臭などの体臭は、自分ではなかなか気づきにくく、しかも他人からは指摘しにくいデリケートな問題でもあります。

 

自分のニオイに気を配るスメルマネジメントという考え方は、いまでは世界的な常識になってきています。

 

とくに汗が原因となる体臭は、その人の印象にも強い影響を与えかねません。

 

ある化粧品会社の調査によると、職場の身だしなみで改善してほしいことの1位は男女ともに体臭が上がっています。

 

ニオイで周囲の人を不快にさせることに対してスメルハラスメント(スメハラ)という呼び名もできているほどです。

 

自分の体臭が周りにどう影響するか不安に陥らず自信を持って暮らすためにも、汗や体臭のケアは重要な問題だといえます。


制汗剤はどのタイプがいいの?

制汗剤は主にスプレータイプ、ロールオンタイプ、クリームタイプの3種類があります。

 

それぞれどのような特徴があるか見ていきましょう。

 

スプレータイプ

スプレータイプは肌に直接吹きかけるのですが、持続時間が短いのがデメリットです。

 

市販で安く売られているものが多いですが、肌に悪影響を及ぼす成分が含まれていることもあるので注意が必要です。

 

またスプレーで肌が乾燥することもあるので、それを補うために汗が増える人もいます。

 

ワキガや多汗症の人にはおすすめできないですね。

 

ロールオンタイプ

ロールオンタイプは肌に直接塗るため、スプレータイプに比べて持続時間が長いです。

 

ただし肌に直接塗るので、刺激の少ない成分を使っているなど、安心して使えるかを確認した方がいいですね。

 

また、汗を書いてから塗ってもあまり意味が無いので、汗をかく前に付ける必要があります。

 

クリームタイプ


クリームタイプもロールオンタイプと同じく肌に直接塗り込むのですが、低刺激で肌に優しい商品が多いです。

 

肌に直接塗るので制汗効果も高く、肌が乾燥しにくいのでわきがや多汗症の方にも向いています。

 

唯一のデメリットとして、塗る時にクリームが手についてしまうことが上げられますが、手を洗えば落ちるのでそこまで気にする必要はないでしょう。

 

総合的に見てクリームタイプが1番のおすすめですね。


制汗剤の使い方

制汗剤の効果を最大限に引き出すためには、使い方が大切です、

 

まず制汗剤をつける前に、皮膚表面の汗を拭きとることです。

 

汗をかいたままいきなり制汗剤をつけると、有効成分が汗腺や細菌に作用しにくくなり、効果は半減してしまいます。

 

2つ目は制汗剤をつけた後はしっかり乾かすことです。

 

乾かないまま服を着てしまうと、服に制汗剤が吸い取られて効果が下がります。

 

3つ目は使いすぎないことです。

 

汗が多い日などはつい数時間おきに使いたくなってしまいますが、制汗剤を使いすぎると肌を痛めて皮脂の分泌が促され、かえって体臭が発生する原因になってしまいます。

 

4つ目は肌のコンディションにも気をつかうことです。

 

肌が乾燥すると、体臭の原因となる皮脂が分泌されてしまいます。

 

また体を洗うときに肌をごしごしこすっても皮脂が分泌されてしまいます。

 

肌を清潔に保ち、潤いを保つことで、より大きな制汗剤の効果が期待できます。


制汗剤おすすめの選び方

制汗剤を選ぶときには、気を付けたいポイントが3つあります。

 

1つ目は制汗成分と殺菌成分の両方が配合されていることです。

 

制汗剤の中には一時的にニオイを消臭したり、香料でにおいをマスキングするものも多くあります。

 

しかしこうした一時しのぎの効果ではなく、ニオイの原因となる汗の過剰な分泌を抑え、ニオイの原因菌をやっつけることで、より根本的な消臭効果が期待できます。

 

2つ目のポイントは肌に優しい成分が配合されていることです。

 

たとえ効果の高い成分であっても、肌を痛めるものはかえって皮脂の分泌を促してあらたなニオイの原因を作ってしまうことになります。

 

肌への負担が少なく安心して使える成分が入っている制汗剤がおすすめです。

 

3つ目のポイントは体のいろんな場所で使えることです。

 

体臭の原因となるアポクリン腺は、耳、脇の下、乳首、へそ、デリケートゾーン、など体のあちこちに存在します。

 

人によって体臭ケアをしたい場所はいろいろですから、全身に使える制汗剤がおすすめです。


1位の薬用ネオテクトがおすすめの理由

制汗剤で一番おすすめなのはやはり1位の薬用ネオテクトです。

 

薬用ネオテクトには制汗作用のあるフェノールスルホン酸亜鉛と殺菌作用のあるシメン5オールが含まれており、ニオイの発生源を根元から分解する働きがあります。

 

2位のサラメンにもこの2つの成分が含まれていますが、男性用なので女性は使うことができません。

 

3位のデトランスアルファに含まれているアルミニウムクロリッドは汗腺をふさいで汗を抑える制汗成分だけで殺菌成分が含まれていません。

 

肌への負担という点から見ても薬用ネオテクトに含まれている成分はより安心です。

 

有効成分であるフェノールスルホン酸亜鉛もシメン5オールも、国が定めた認定料内であれば副作用は少ないとされています。

 

この点からみると3位のトランスアルファに含まれているアルミニウムクロリッドは、汗と反応する過程で塩酸ができるため、肌が弱い人はかぶれたりかゆみが出ることがあります。

 

全身で使えるという意味でも当てはまるのは薬用ネオテクトだけで、あとの2商品はワキ汗に特化した商品です。

 

これらの点から見て、一番おすすめしたい制汗剤は薬用ネオテクトですね。